老人ホーム 、介護施設に入る条件

 

施設

こんにちは。鎌ケ谷の高齢者施設紹介 センター 株式会社FREEです。

老人ホームや介護施設に入るには条件があるところが多いです。

その条件は細かく分けられ、施設の種類や介護の状況によって変わってきます。

施設によって違いますが、大まかに分けられた条件は以下の通りです。

 

【公的な施設】

*特別養護老人ホーム

要介護3~要介護5

要介護1や2の場合には、特例な入所が認められる場合のみ

*介護老人保健施設

要介護1~5

*介護療養型医療施設

要介護1~5

 

【民間運営の施設】

*認知症高齢者グループホーム

要支援2または要介護1~5

*有料老人ホーム

介護付きと住宅型があり、自立している人が入れる場合も。

要介護から要支援も利用できます。

 

 

介護施設は、年齢も介護保険法が65歳以上を対象としているので、施設の利用も65歳以上と決まっています。

法令での定められた特例疾病であれば、40歳以上からも入居ができる施設もあります。

 

また、医療支援が多く必要な場合は、施設によっては受け入れが難しい事があります。

医療機関での対応しか難しい場合には、施設での医療がない場合には命に係わることなので受け入れが難しい場合が多いです。

例えば呼吸器や胃ろうなどを受けている人は、医療機器や医療がしっかりしていないと、何か起こって病院で間に合わない場合もあります。

ただ、医師も配属されている施設もふえてきたので、そういった施設を選択するといいかもしれません。

 

条件の最後に、保証人が必要になります。

利用料の支払いや緊急時の連絡先など、そういった方がいらっしゃる事が条件です。

多くは家族がなりますが、ほかの人に頼まれるケースもあるようです。

 

これらを明記しましたが、それでも施設に入る条件は色々ありますが、まずはケアマネに相談してみるのが一番です。

介護者が過ごしやすい施設が見つかるのが、日常を送る介護者にとって大切だと考えます。

 

「老人ホーム の入居相談は紹介センターで」の記事はこちら

老人ホームの入居相談は紹介センターで