施設にかかる費用

お金の管理

こんにちは。鎌ケ谷の高齢者施設紹介 センター 株式会社FREEです。

介護施設に入居を考え始めた時、最初に気になるのは費用です。

入居一時金がどれくらいなのか、月額料金にどれくらいかかるのか、知っておかないとなかなか決められないです。

 

老人ホームには「介護付き有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」などがあります。

地域や役割によって変わってきますが、費用はこんな感じになっています。

 

有料老人ホームの一時金の相場は約490万円、月額費用の相場は約20万円ほどです。

サービス付き高齢者向け住宅の一時金の相場は20万で、月額費用の相場は15万円ほどです。

一時金を支払わない施設では、月額費用の金額が少しあがっています。

 

一番金額として安いのはやはり特別養護老人ホームです。

公的なのもありますが、それでも有料老人ホームに比べるとかなりの差があります。

 

月額費用は、1か月にかかる金額になります。居住費、食費、日用品などの費用をまかなってくれます。

介護保険が適用される施設と介護保険外の施設で月額費用が異なります。

 

そのほかに、医療費や介護サービスの使用(介護タクシー等)の場合は、介護保険を利用して費用がかかります。

 

また、入居一時金を設定している老人ホームは8割で1割強の老人ホームは一時金の設定をしていません。

入居一時金を設定している老人ホームは、月額費用の数か月分と設定しているところが多いです。

 

また利用料の支払い方法も施設によって様々で、全額前払いの所もあれば、前払いと月払いを組み合わせているところ、月払いをしているところなど様々です。

施設によって定められているので、そこに従うしかないのですが、ほとんどの老人ホームでは、入居一時金を払って月額払いになっています。

どんな施設があるの?