葬儀費用の内訳

前記事からのつづきです。

 

 

細かいお金のことを書きますので、

不快に思われる方は この記事を読むのはパスしてください。

 

 

 

 

 

葬儀費用の細かい内訳を。

 

 

我が家がお願いした葬儀社には、○○プランとか パックとか、

そういったものはなく、ひとつずつ 希望するものを積み上げていくタイプ。

 

 

ただし、祭壇セット(家族葬用)という形で、希望した祭壇の料金に

基本的なものが含まれていた。

それに含まれるのは、

 

 

・選んだ祭壇(我が家は 8段階の中の下から2番目 35万円のもの)

 

・門前飾り (提灯屋形・故人名入看板・忌中灯・行灯・ヤライ 土台など)

 

・前机(三具足)   ・焼香設備    ・お供え(果物)

・遺体用布団     ・仏衣       ・枕飾り

・霊供膳        ・骨壺、骨箸、御舎利、位牌   ・後飾り

 

・司会、音響     ・納棺        ・接待係員 控え室(お茶出し、食事配膳など)

・火葬予約、手続き代行         ・火葬場案内接待係員

 

 

 

他に、必要だったものとして

 

・宅送料(病院から葬儀ホールまでの移送)  ¥28.000

 

・棺 一式(顔窓付き桐)              ¥65.000

 

・ドライアイス 2日分                ¥12.000

 

・通夜前日(死亡日)の安置料          ¥20.000

 

・ホール使用料 2日間               ¥50.000 (会員であれば1万円)

 

・遺影写真一式                   ¥28.000

 

・霊柩車(5段階中の一番下を選択、車種はBOXY )¥28.000

 

・枕花(枕飾りと祭壇へ移動して両方で使用可)¥20.000

 

これらの合計が 25万千円。

 

 

ここまでの合計は 64万9千80円。

 

 

 

他に プラスされるのが、

 

・通夜食事   ¥1.620 x10コ   ¥16.200

・  〃 子供用¥1.000 x2     ¥2.160

 

 ※1080円、1620円、2160円の3種類の中から 

   量的にちょうど良いものを選び、真ん中の¥1620のものにした。

 

・葬儀昼食(初七日) ¥5.400 x5コ   ¥27.000

・  〃 子供用¥1.000 x2     ¥2.000

 

 ※4320円、5400円、6480円の3種類の中から

   肉料理の入らない(母がいるので)という理由で選択。

 

食事代合計 4万7千520円。

 

 

 

・火葬料金(管轄市町村だったので安い) ¥3.000

 

 火葬場へは自家用車で移動し、バスは断ったので 運転手さんへの心付2千円は不要に。

 

・祭壇へ供える上用饅頭 30個(一箱からの注文) ¥4.212

 

 

 

葬儀社へ支払った総合計は 70万812円となった。

 

 

 

家族葬として 費用は抑えたほうだったが、そこそこかかった。

 

他の葬儀社を選んだり、イロイロ削れば、もっと費用は抑えられたのだと思う。

私の元同僚が 義父さんの葬儀をしたとき、

義両親には全く貯金がなく、兄弟で出し合って20万円で済ませたと聞いた。

 

 

今回 我が家は、この葬儀社にまたお願いしたかったし、

ジジには それなりにして送り出してあげたかったので、こういう選択になったのだが、

予算内に収まった。

 

 

葬儀社以外にも 入院費や施設への支払い、墓石の刻名、

不動産名義の変更を司法書士事務所に依頼するなど、

いろいろと 大きめの出費から 細かなお金までたくさんあるので

実にお金がかかった。

 

というか・・・まだ終わっていない汗

 

 

 

次の記事から 葬儀後からの溜まりに溜まったグチを

どんどん吐き出していこうと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村

 

 

Source: グミの木が実になる頃に