はじめてのカブトムシ

07.02

 

 

注意※虫が苦手な方、後ほど画像があります。

  

 

 

昨日、ダンナが帰宅して、

 

「るっちゃん、お友達連れて来たよ~」

 

と、首に掛けたタオルの内側をゴソゴソと・・・・

 

 

出したのは カブトムシ。

 

 

お友達と聞いて、一瞬 まさか子猫でも保護してきたのか?!と思っちゃった。

カブトムシは お友達じゃないよねぇ。

 

 

るっちゃんは 虫を見るのが大好き。

るっちゃん用の虫カゴもある。

 

 

たまに家の中に 虫が入ってきてしまうと、

「カカカカッ」とか 「ク~ン」って 欲しいよ~!鳴きをして 追いかけて大騒ぎ。

 

 

初めてカブトムシを見たるっちゃんは・・・

 

ちょっと怖くて 遠巻きに見てて・・・

近づいて来ると 後ずさりしちゃうけど、興味津々で 目を離さなくて爆  笑

 

 

長いこと見ていて、とうとう手を!

でも・・・猫パンチを繰り出すも、怖くて触れず 連続スレスレ空振りパンチ!(笑)

 

かわいくて 家族で大笑い音譜

 

なぜか、カブトムシの前で お腹を出して仰向けに転がって、

いつもトムさんにするように 遊ぼうよ~の甘えポーズで

チョイチョイって カブトムシを触ろうとしたりしてて爆  笑

 

30分くらいしたら、こんな近くでクンクンできました。

そ~っと触ることもできて、満足したのか また見てるだけになって。

 

 

そんな頃、食後のお庭散歩からトムさんが帰って来て。

 

 

トムさんは あ、なんかいるってカンジ。 さすが落ち着いてる。

 

 

あんまり興味ないのかな?と思っていたら、

いきなりの猫パンチ! くわえようとしたので、慌てて止めた。

 

 

あれ?ダメだったの?って顔をしてからは 見てるだけでした。

 

 

るっちゃんも トムさんも、1時間くらいで 見飽きたようだったので

 

「もういいね、カブトさん 遊んでくれてありがとだね~

 じゃあ、バイバイしよっか」 とお別れ。

 

 

ダンナが 公園の奥の木に放しに行ってくれた。

 

 

カブトムシは ダンナがコンビニに寄ったときに、車の前にいたんだとか。

まだ いるんだね~と 娘とちょっと驚き。

 

 

息子が小さかった頃に、ダンナは カブトムシやクワガタを捕まえて見せてくれたけど、

虫嫌いな息子の反応は悪く・・・

 

るっちゃんのほうが 張り合いがあったね~っと笑った。

 

 

なんだか、子供と遊んだような 可愛くて楽しい時間だった。

 

 

あ、でも・・・ダンナは子供たちが小さかった頃に

こんなに やさしく喋ったことはないし、

遊んでくれても こんな顔で笑ったことはなかったんだけどね汗

 

 

猫には・・・すっかり しもべ です。

Source: グミの木が実になる頃に