Google mapのタイムラインを見て泣く

今年の梅雨は

本当に雨ばかりだ。

今日の東京も雨

でも九州地方は記録的な大雨。

大きな被害がでないことを祈るばかりだ。

 

きょうはいつもどおり

ジムに出かけ

思いっきり身体を動かしてきた。

 

ところで

みなさんは

Google mapを使っておられるだろうか。

 

私は結構利用しているが、

このまえ、父が脳出血後のリハビリのために入院していた病院を

検索して見ていたらなにかのはずみで、

Google mapのなかのタイムラインが出てきてしまった。

それも2016年4月20日。

 

そうだ。

父がリハビリ病院から退院して

有料老人ホームに入居した日だ。

 

私が朝8時過ぎに家を出て病院に向かい

父の退院手続きをして

10時過ぎに老人ホームに父とタクシーで向かったこと。

10時38分から16時32分まで

老人ホームいたこと、

その間に近くのドンキホーテに

買い物にいったこと。

 

タイムラインには

すべて記録されていたのだ。

 

懐かしくて

泣けてきた。

 

あのときは

希望に満ちていた。

 

施設で父を見てもらいながらならば、

私も安心できるって

ホッとしていた。

 

 

タイムラインに記録されているのならばと、

ちょっと見てみた日がある。

 

それは父が亡くなった頃のこと。

 

父が亡くなった日、

実はどんなふうに動いていたのか、

記憶があやふやなところがあるのだ。

 

でも残念ながら

そのあたりはタイムラインの記録がなかった。

 

おそらく、

GPSがバッテリーをくうために

オフにしていたときなのだろう。

 

タイムラインの記録や

このブログをもとに

父と過ごすことができた日々を

振り返り涙をながすことも

今の私には

大切な作業なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

Source: 一人っ子がする介護ってこんなもん?