一応って

0624

 

6月の出来事。

 

 

夕飯を母の部屋へ運んだとき

 

「歯茎が腫れて痛いから 食べられないかも」 と言われた。

 

 

・・・だったら作る前に言ってよ汗

   どうでもいいことは すぐメールしてくるのにさ。

 

 

作り直しか?と思ったが、母がそれでいいと強く言ったのでそのまま。

 

 

食器を下げに行くと、魚の南蛮漬けだけ 手つかずで残されており、

他のおかずは 母の好むものだったからか、全て食べてあった。

 

 

少し前の記事で書いたが・・・

食事を母の部屋へ運ぶようになってから、母は好まないものがあると

自室のゴミ箱に捨てて、全部食べたフリをしていた。

 

 

一緒のテーブルで食事をしていた頃は、

好まないおかずがあったときの あまりにも失礼な母の態度や言葉に 

本当にウンザリしていたので、

捨てようが、私の見えないところで勝手にやる分には

あんな思いをするよりは ずっとマシだと思って 放っておいた。

 

 

ところが・・・この日は 食べなかったおかずが そのままお皿に残されていた。

 

 

・・・あぁ、これは 「これは 食べられなかったから!」という アピールね。

 

言えばいいのに、見て気づいて 次から考えてやってよ!ということだ。

 

 

いちご「明日の朝ごはんは? いつも通りで食べられるの?」

 

 

「分からないけど、一応持って来て」

 

 

・・・分からないって? 今 夕飯を食べたカンジで 大体分かるだろうに。

  一応持って来てとか汗 何だろう、イラっとするわ。

 

 

以前の私だったら、先に 母に食べられそうなものは?と聞いていたと思う。

「お粥でも作ろうか?」と 言いそうになったが、

あえて言わず、上のような言い方をした。

今までのパターンを もうさせないため。

 

 

必要以上のことを どんどん要求され、やってもらえれば

母は どんどん病人気分で 何から何まで やってもらおうとしてくる。

変な甘えまでしてくるようになり、

体調が戻った後も、「私にやってもらうのが当然のこと」に されてしまう。

 

 

おかず ひとつのことで、そこまで警戒しなくても・・と思われるかもしれないが

この小さな出だし次第で、その後のかまってちゃんの度合いが 大きく変わってくる。

 

母の都合のいい脳内変換と 私への依存、そしてかまってちゃんは 並ではない。

 

 

あえてあんな言い方をしたのは、

単に 厳しくしようというわけではない。

あくまで 極力母から細かな要求を出させず、私が 無理なく出来ることをするため。

 

 

母から要求を出し、それを私が叶えれば、

今まで同様に母は 私が自分の思うように動くものとして 勘違いし、

エスカレートしていく。 それを防ぐため。

 

 

なので・・・まず・・・

 

 

翌朝のごはんは いつも通りのものを一応持って来てと 母は言ったが、

あの雰囲気の言い方は、多分 手をつけることはないだろう。

 

 

夕飯のおかずは ゴボウとコーンのサラダも食べていたし、

根菜の入った煮物も食べてあったので、

かなり柔らかいものしか食べられないというわけではなさそう。

 

 

朝食は 七分粥で 梅がゆにした。

他に 毎日ヨーグルトと キャンディチーズ、、プリンも食べているので

これでOKということで。

 

 

すると・・・母からメールが来た。

 

 

メール「面倒なのに お粥をありがとう!」 と。

 

・・・あら? めずらしいニヤリ  文句かな?と思ったけど・・・・あらま。

  こういうのって悪い気はしない。

 

 

 

その後、母は 歯医者さんへ。

前回の歯茎の腫れは 1ヶ月ほど前。

 

前にいただいたコメントで教えていただいたのだが、

これってもしかして 骨粗しょう症の薬とインプラントの関係?

 

薬を変えた時に 歯医者さんに相談したときは

インプラントを入れてから 何年も経ってるから 問題ないだろうって言われたけど・・・

 

 

インプラントを入れてある場所が腫れるから、どうなの?って思っちゃう。

毎日30分かけて フロスや電動ハブラシで歯磨きしてるけど

歯磨きも 上手く出来なくなってきてるだろうし、そういう理由なのかもしれないよね・・・

 

 

 

母が 歯医者さんから帰宅してから 夕飯もお粥にする?と聞くと、

 

 

「おかずはそのまま! みんなと一緒ので、ごはんだけ お粥にして」 と言われた。

 

 

・・・うん、それはいいんだけど、言い方がね、なんか横柄汗

  この作戦も そろそろダメか?

 

 

おかずは そのままというのは ちょっと予想外だったあせる

 

というのは、数日は腫れがあるだろうと思い、やわらかいものを・・・と

母用に 作り置きを用意していたから。

 

 

この日の分は 私たちとは別に やわらかく煮たおかずや

豆腐をメインにしたおかずを用意していた。

まぁ、私たちと一緒に食べるわけではないので、違ってもいいのだが。

 

 

ところが、母は とってもやわらかく煮たおかずを 手つかずで残した。

これまた捨てずに お皿に残してあった。

 

 

理由を聞いてみたら、野菜と白身魚と豆腐をすりつぶして蒸し、あんをかけたものを

見ただけで 肉だと思い込んだらしく、(そうは見えないと思うけど)

 

 

「ソレ、肉だと思ったから。 私、肉は嫌だからむかっ。」 と言った。

 

 

そうだったの?ゴメンとか言えば、まだかわいいものを。

紛らわしいものを作ったお前が悪いというカンジで言われた汗

 

 

 

この日から 5日間、お粥とこんなメニューだったのだが・・・・

やはり母。 だんだんと・・・・

 

 

続きます。

 

 

 

———————————————————————

 

はじめてコメントの方、コメントが公開されない方は、以下を読んでください。

 

 

「グチ日記」でございます。

 

不快に思う方もいらっしゃるかと思いますので、

その場合はスルーして下さいます様 お願いします。m(_ _)m

 

あくまでストレス解消のために書いているので、

励ましのコメント以外は 勝手ながら、お断りさせていただきます。

 

貴重なご意見、注意など言いたくなった方は、

どうか お帰りになってやって下さい。

 

 

※尚、私の独断で、

 削除させていただく場合もございます。

 

 

コメントありがとうございます。お返事は数日後になることもあります。

すみませんaya

 

 

●気軽なコメントは望んでおりません

 

ここまでになった経緯があります。数記事読んだ程度でのコメントはご遠慮ください。

 

 

●アドバイスは望んでいる時(書いています)以外、いりません。

アドバイスより気持ちを支える言葉をいただくほうがうれしいです。

ただし、友様方はOKです。 

 

●お返事に困るもの、悩むものは認証公開は保留させていただきます。

 

●私が不快に思ったものは削除させていただきます。

 

 

●また、一言コメント(大変ですねのみなど)は どう取ればいいか悩むので

画面の前でつぶやいておいてくださると助かります。公開はしますがお返事はできません

 

●過去記事へのコメントについても、お返事はご容赦ください。

 

※アメンバーについては こちらから

Source: グミの木が実になる頃に