チャンス到来

ハアー。

今日は久しぶりに何にもない日でした。最低限にしか家事もせず食っちゃ寝してましたわ。
いくらでも寝れる…!
そんなわけで更新が遅くなりました。
先日、久し振りにたんたんからメールがあった。
たんたんからは5月分の生活費の請求を6月のはじめにされて、それを無視したままになっていた。

これね。
こちらは勿論、生活していない場所の光熱費なんて払うつもりはない。
でもたんたんも簡単には引き下がらないだろうと思っていたので、請求のメールに返信もせず振込みもせずにいて、たんたんが次に何をしてくるだろうと警戒はしていた。
しかし、たんたんから来たのは請求とかお金には全く関係のないメールだった。

新幹線の距離に住む、たんたんの妹が危篤のため、実家の近くに住むたんたんの弟と一緒に行ってくると言う連絡。
どうでもいいけどさ、
妹が危篤だってのに、たんたんの弟は趣味の演奏会(しかも独奏よ)に出てから行くんだね…。
あーちゃんのお母さん、ワフウフのおばあちゃんが危篤になった時に駆けつけようとしたあーちゃんとなーにゃんとワフウフに、たんたんは
と言い放った。
でも、自分の身内の時は危篤と言われたら行くんだね〜。
本当にどこまでいってもたんたんは最低だね。
とはいえ、なーにゃんとワフウフも子供の頃に一度か二度会ったことがあるくらいの記憶しかないおばさんの危篤を心配する気もなく、
思い浮かんだのは、
…最低の子は最低か!笑
あーちゃんの居なくなった実家がどうなっているか、気になっていたのよ。あーちゃんの荷物も残っているし、たんたんが整形巨乳女を連れ込んでいたりしても困るしね!
そんなわけで急遽、たんたんが見舞いに行くと言った日になーにゃんとワフウフは実家に行く事にしたのだった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Source: アルツフルデイズ