気持ちと合った言葉が伝えられるか

私は小さい頃、

話を盛ることが得意でした。

 

自分が注目された時、

かっこつけたくて、

事実に尾ひれをたくさんつけてうお座

話していました。

 

話している間は気持ちいいんですが、

嘘なので、心はちくちく痛みますぐすん

 

そして、話したあと、

あぁまたやってしまったと

ちょっと落ち込んでいました。

 

なぜちょっとかというと、

忘れてすぐにまた尾ひれをつけて話してしまうからです汗

 

 

 

 

思春期になり、

自分のことばかり見つめて過ごしていると、

自分は嘘つきだ、と感じるようになりました。

 

嘘つきな自分はダメだ。

嫌なやつだと自分をせめて過ごすことも多く、

ひねくれていました。

 

大人もなめてかかっていて、

中学校3年生のときには毎日遅刻して行っていたし、

髪の毛の色も抜いていたし、部活もさぼっていたし、

先生からの電話もだんまりを決め込み、

「切っていいですか」という始末。

(本当にごめんなさい。)

 

 

 

そんな過去があることが関係しているかはわかりませんがうーん

 

 

 

自分の気持ちに合った言葉を伝えることが苦手です。

 

一時期なにを話しても嘘のような気がして、

おしゃべりな私が、貝のようになったこともありました。

 

もちろん、落ち込んだ時期は貝でしたけど。

 

 

貝になってみてわかったことがあります。

話さないと、さらに話せなくなるということです。

 

話をすることを忘れちゃうのかな?

 

話をしていると、その人に対して思う気持ちが

するすると出てくるのに!

貝の時期があると、

気持ちはあっても言葉になりません。

 

 

また、今まで、

私はわりと頭の回転が早く、

話のテンポも速くて、

おしゃべりだと思っていたのですが、

 

ポンポン話しているときに、

不意に自分が思っていない言葉を言っていることがありますガーン

 

自分で話していて、自分でびっくりする。

なんなんでしょうね。

昔の尾ひれのくせとも違うような。

でも似ているような。

 

 

なので、最近は

自分の気持ちや考えと合った言葉であるか自分に問いかけ、

それから発言・発信するようにしています。

 

先日のイライラしたときとかは別でしたけどねー

 

 

その発言・発信は、

かっこよい言葉でなくても、

文章になっていなくても、

言葉が見つからなくても、

擬音や表情でもよいから、

今の私の気持ちを表現できる方法をとります。

 

 

今、模索しているのは、

自分の気持ちを表現するために、

言葉をアウトプットする機会を毎日持つこと、

事実(気持ち)をそのまま表現する気持ちよさを知ること、

ひねくれないで過ごす方法です。

 

 

で、ですね、

仕事場では割と、しゃべり倒しているので、

ブログでちゃんと言葉にしてみようと、今、思いましたビックリマーク

 

飽きっぽいので、いつまで続くかな。

とりあえず、ブログの更新頻度は上がる予定ですにやり

Source: 私なりの看護教員ライフ