そのままでいいの?

同僚お母さんと話していたとき、

上司のAさんの話になりました。

 

Aさんは他の病棟にも変わっていると噂が聞こえる人で、

実際も個性的な考えの持ち主!

 

そのために、話が噛み合ないことが多くおこりますあせる

 

同僚もそのAさんとの話の噛み合なさに

ちょっぴり困惑しているようでした。

 

 

そんな中、そのAさんではなく、

同僚の考え方にえ?と思うことがありました。

(エピソードはAさんがらみです)

 

 

 

同僚は、提出物を上司Bさんに見せ、Aさんに見せ、

そして師長に見せなければならなかったそうです。

 

期限はセミナーから1週間以内。

計画的な同僚は、なにが起こっても間に合うようにと

セミナー当日に残って提出物を仕上げ、Bさんに提出。

でも勤務が合わなかったために、

ぎりぎりになってからAさんに見せることになったそうです。

そこでAさんから言われたひとこと。

 

「こんなにぎりぎりに出されても困るんだけど」

 

同僚の心の声

『えっ?私ができる最大限早く提出してこれなんですけど』

『これ以上早いなんて無理だけど』

『Aさんともなかなか合わなかったからしょうがないんだけど』

と、いろんな思いが湧いたようですが…

 

「すみませんでした。今後気をつけます。」

 

と答えたそうです。

 

それを聞いた私は間髪入れずに、

「◯◯さん(同僚)悪くないじゃん。そんな言われ方やじゃない?」

「私なら、そのまま言っちゃうな。最大限早く出しましたって。」

と話していました。

 

その言葉を聞いた同僚お母さんは、

「仕事にそこまで求めてないから、謝っとけばいいかなって。」

と答えました。

 

 

 

 

私は事実を知られずに、

ダメだしだけされるなんて我慢できません。

ちゃんとわかってほしいって思っちゃうねー

 

でも同僚は、その労力を使うのも嫌なんだそう。

 

 

もちろん、

「そんなん、言われたくはないよ。」とは話していたけれど。

 

 

 

 

仕事に対する思いや人生における時間のかけ方は、

その人の価値観で決めていいものだと思うけど、

 

いくら仕事に求めるものがないからといって、

一方的にダメ出しを、

しかも言われっぱなしは嫌だなと思います。

実際に同僚も「言われたくはない」と言っているし。

 

その同僚は、

波風立てるのもめんどくさい、

私が言われてそれで終わればいいかなって、とも話していて、

 

本当にそのままでいいの?って何度も言いそうになりました。

 

 

そのままでいいの?本当にいいの?って

しつこく思っちゃうけど、

その対応は同僚がしたくてしたことだから、

そうだったんだね、大変だったね、いやになっちゃうね、って話を聞こうと思います。

 

 

今度こそイヒ

 

 

 

Source: 私なりの看護教員ライフ