策士健在(;一_一)

昨日、施設から電話がかかってきた。

また何事?

と、少々食傷気味な鬼嫁。( 一一)

 

「大したことではないんですが・・・」

大したことじゃないんなら、ほっといてよ。

いちいちナニサマの言うことなんか真に受けないでよ。

 

聞けば、22日が通院の日で(こういう日は決して忘れない( 一一))病院に行くのに帽子が欲しいと。

 

はあ~~~~~!!!!!

 

一度も被ったことがないのに、今更帽子ですと~!?”(-“”-)”

 

「2,3日前から急に思い出されたようで、帽子を持ってきてほしいとおっしゃるんですね」

 

どうせバアチャンのことだから、しつこく言ってるんだろうね。( 一一)

 

「あのー、帽子って言ったって、車は病院に横付けだし、被るところなんかないですけど?」

「はあ~、そうなんですけど・・・サッと被れて脱げるものがいいと・・・」

何、言ってんだか。

明らかに、用事を作って持ってこさせようとする意地悪だけなんじゃない。そんなに寂しいんかい。

だったら、今までの自分の態度を悔い改めろって。

「あれしてこれして」しかないんかい。ムキー

 

だいたい、施設が送迎してくれるわけでしょ。

また一つ荷物が増えるだけで、終わったら、持って帰るように取りに来させるのが目に見えているよ。

 

どうしてこんなに人を振り回したがるのかねえ。

しかもこっちだって帽子の類は整理して多分、もう断捨離しちゃった。

だって使うことないもんね。

 

そうそう思い出したけど、夏の帽子だけど、本人も持っていたんだけど、私が被っていた帽子が気に入って

「makoさん、その帽子、いいわねえ。そういうの欲しいんだわね」

と言って、ぶんどられたのです。

それさー、デパートで買った結構高級なものだったんだよね。

そーいうのは見逃さないんだよね。( 一一)

「欲しい」

って言えば、天使の嫁は間違いなくくれることを知っている。( 一一)

 

後々は

「これはおばあちゃんでもあげないよ!」

って言えるようになったけどね。

 

きっとその帽子をご所望だと思うけど、もう片付けちゃってあるのかないのかもわからない。(笑)

 

さて、どうしたものか。

当日、雨が降りますように。グラサン

Source: 鬼嫁介護日記