もう嫌だ

7月12日、本日2つ目の記事です。 

 

 

※冒頭にしばらく同じ文章を入れています。

 

7/7、母にドカンとやられました。

すぐに体調にも出始め・・・久々に 気持ちがどうにも・・・・

 

この出来事までのことを どんどん書いて吐き出したいと思います。

1日に数記事アップすることもあると思います。

 

コメント欄は 開けてありますが、お返事は7/7のことを書き終わってからにしたいので

かなり遅くなると思います。 

私の都合で 失礼をしてしまって申し訳ありません。

 

———————————————————————

7月7日 夜。

 

これが、母にドカンとやられたことです。

 

 

母の夕飯を部屋まで運んで行ったときのこと。

 

 

ドアを開けると、パソコンデスクのイスに座り、

何とも言えない顔で 私を睨んできた母。

 

・・・こりゃ、相当機嫌が悪いな、と思った。

 

 

私が 部屋へ入った途端、

 

「お姉ちゃん、私、この家出ていけないからプンプン。」

 

・・・え? 何?急に。 何言ってるんだ?

 

とりあえず、食事をテーブルに置いた。

 

 

「出て行けって言われても、私、お金ないから出ていけないんだわプンプン。」

 

・・・何なんだ?! 毎日毎日 もういい加減にしてくれ、今度は何?!

 

 

いちご「は? 何? 何なの? 何言ってるの?」

 

 

すると母は 急に鬼の形相で私を睨んで、

立ち上がって 私に掴みかかろうとでもしたかのように 前のめりになり

体が一瞬 イスから浮いた。

 

 

「アンタが言ったんだよ! 出てけって!ムキーむかっむかっむかっ!!!!」

 

 

物凄い怒鳴りだった。

 

どこから出したら そんな声が出るのかと思うような声。

体の底から怒りが 振動になって 思いっきりぶつけられたカンジ・・・・

 

瞬時に吐き気がしたほど、とんでもなく 気持ちの悪い怒鳴り声だった。

 

 

いちご「はぁ?! そんなこと言ったことない!むかっ

 

 

「言った! アンタがメールで送って来たがね!

 

   私、出て行けって言われても 出て行けないから。 

   出て行きたくてもお金ないから」 出て行けないから!」

 

 

気持ちの悪い怒鳴り方で 大声で言う母。

顔は 憎しみに満ちた顔で 私を睨んで物凄い形相。

もう本当に、頭がおかしいとしか言いようのない ヒステリックで独特な言い方の怒鳴り。

 

 

怒鳴り・・・なんだけど、わめき散らしているカンジ・・・

とにかく聞くに堪えない酷いものだった。 その表情も酷かった。

 

 

このときスマホを持っていなかったことを 今凄く後悔している。

これは 後々のためにも録音しておくべきだった。

とても文章なんかじゃ書き表せない。

 

 

ギョロがこんな怒鳴り方をしたことがあったけど、

本当に似ていた、いやそれ以上過ぎ。 精神異常だろうと本気で思った。

 

 

とにかく そんなメールなど、私は送っていない。

 

 

いちご「私はそんなの送ってない!むかっ 何なの!?むかっ

   ちょっと待ってて! スマホ取ってくるから!」

 

 

私がリビングに戻ると、何事かと家族が心配していた。

今、身に覚えのないことで こう言われたむかっと 言いながら

スマホを手に取り、母の部屋へ行こうとすると、

 

さくらんぼ娘「それ・・・さくらんぼのせいだ。 もう限界だった。言わずにいられなかった・・・

     こんなことになるなんて・・・・ごめんなさい・・・」

 

 

どういうことか?と聞くと・・・

 

母がMケアさんの電話で怒鳴った日から、私の体調はどんどん悪くなっていた。

なのに、母は 次々に私に文句をつけてきていた。

 

それはキリがなく、私が 不調を押して 毎日の母のことをしていても

お構いなしに はぁ?と言いたくなるようなことばかり言う。

 

どんどん元に戻って行く母に、また私が倒れてしまう・・・と思ったのだと。

母が 許せなかったのだと。

 

今朝のトイレ掃除のことで もう言わないと!と思ったのだと。

それで 今日、仕事から帰宅し、私が夕飯を作っている間に母にメールを送ったのだと。

 

 

以下、娘が母に送ったメール。 文章は全文そのまま。

 

 

いい加減に耐えられないので言います。

お母やんの身体や体調の悪さについて、もう治ったと思ってるように見えるけど、

そんなことないよ。

病院に運ばれた時に私が言ったことは、あの時だけのものじゃありません。

もう一度言うけど、申し訳ないけど あなたに手を貸す余裕がないことを理解して下さい。

 

食べ物が不満、物の位置が不満、猫に対して不満、掃除が不満って、

それならもっと快適に過ごせる場所が他にあるよね?

そのほうが色々お願い聞いてくれる人たちもいるわけだし。

 

これも前言ったけど、お母やんには 少しでも体と精神的な負担を減らして

ゆっくり過ごしてほしいんです。

だから、お母やんが動いてくれるからって、やってもらって当たり前だと思わないで下さい。

次にまた動けないほどの状態になったら、私は絶対にもう許せません。
どれだけ理解してくれたかは言動でわかることだから、返信はいりません。

 

 

娘は・・・確かにキツいところがある。

だが、その状態になるまでには かなり長い間、彼女なりに考え行動し、

忍耐あっての今だ。

 

 

人から見たらキツく感じるメールだろうが、

娘は 私を思って、よく考えてくれた文章だと思う。

 

その気持ちがうれしく、こんな思いをさせてしまっていることが

ただただ申し訳なかった。

 

 

 

さくらんぼ「余計なことしちゃったね・・・お母やんのストレス増やしただけだった・・・ 

    ごめんなさい、本当にごめんなさい。」

 

落ち込んだ顔の娘。 

 

 

私は思ったままを娘に言った。

 

いちごさくらんぼは何も悪くない。 私を思ってのことだもの。 とってもうれしかった。

   ありがとうね。 よく考えて書いて(メール)くれたのね、ありがとうね。

   よしっ! 行ってくるわ!」

 

 

・・・この子が こんなに頑張ってくれたんだ。

   ※ここで詳しくは書けませんが、娘はこんな無理を出来る状態ではありません。

 

   面倒を避けているだけじゃダメだったのに。私が間違ってた。

   母が許せない、黙らせてやる! 

 

怒りで 私のスイッチが入った。

 

 

 

つづきます

———————————————————————

 

はじめてコメントの方、コメントが公開されない方は、以下を読んでからにしてください。

 

 

「グチ日記」でございます。

 

不快に思う方もいらっしゃるかと思いますので、

その場合はスルーして下さいます様 お願いします。m(_ _)m

 

あくまでストレス解消のために書いているので、

励ましのコメント以外は 勝手ながら、お断りさせていただきます。

 

貴重なご意見、注意など言いたくなった方は、

どうか お帰りになってやって下さい。

 

 

※尚、私の独断で、

 削除させていただく場合もございます

コメントありがとうございます。お返事は数日後になることもあります。

すみませんaya

 

 

●気軽なコメントは望んでおりません

ここまでになった経緯があります。数記事読んだ程度でのコメントはご遠慮ください。

 

 

●アドバイスは望んでいる時(書いています)以外、いりません。

アドバイスより気持ちを支える言葉をいただくほうがうれしいです。

ただし、友様方はOKです。 

 

●お返事に困るもの、悩むものは認証公開は保留させていただきます。

 

●私が不快に思ったものは削除させていただきます。

●また、一言コメント(大変ですねのみなど)は どう取ればいいか悩むので

画面の前でつぶやいておいてくださると助かります。公開はしますがお返事はできません

 

 

●過去記事へのコメントについても、お返事はご容赦ください。

 

※アメンバーについては こちら から

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: グミの木が実になる頃に