愚痴りながらはかどる仕事

この↓記事で書いたイライラのもとである仕事を無事完了させました!

 

やったー!すっきり真顔

この仕事を思い出すたびに、イライラも思い出していたんですよね。

だから完了できてよかった〜

 

 

転勤者3人でやる仕事だったんですけど、

それぞれに連絡して、相談した結果、

きちんと対面ですることにしたんですね。

 

で、その集まりに先日参加しました。

 

 

私以外の2人は、同じ系列の病院から転勤してきた人で、

私よりも先輩でした。

 

3人集まっての第一声は、

「すごいねこれ(仕事のこと)」でした。

すごいのは、前年度の仕事のボロボロ具合ドクロ

 

よく上司はこれでOK出したなと思う仕上がりでした。

なので、出るのは愚痴DASH!

 

愚痴って、いいますか?

私、結構いいます。

 

でもちょっと前はいわなかった。

 

 

 

 

教員研修中、看護研究でお世話になった教授が、

愚痴はいうけど、今からゲロを吐きますといっていうんだ、

といっていました。その他にも、愚痴はうんこだ、という人もいて。

 

それに影響されたのか、私、愚痴を飲み込む時期がありました。

 

 

 

そうすると何が起こるかというと…

 

お腹のなかにどす黒い愚痴(ゲロとうんこですからね)が溜まり、

具合が悪くなります。

 

心が病みました。

 

 

それから、ちょっとでも外に出すものだなと思うようになりました。

で、今ではきちんと愚痴っていますウインク

 

 

 

 

その仕事中3人で、

「なにこれ」

「ていうかさぁ、これって…」

「もう論外、なしなし」

という言葉を連呼しながら、

愚痴りまくりました。

 

愚痴をいうときって、

くどくどしてしまうこともありますよね。

 

でも私たち3人は

愚痴→仕事→愚痴→仕事…と

切り替えながら取り組みました。

切り替えよう!と言わなくても、

誰かがちゃんと仕事に意識を戻す発言をするんです。

すごいですよね。

 

口も手も動かし、

愚痴りながらも仕事がさくさくとはかどるはかどる!

 

転勤者3人は嫌だったのに、

この3人でよかったと思ったほどでしたウシシ

 

仕事を終え、

「この仕事すごいストレスだったんだよね」

「でもみんなで考えられてよかった」

「うちらすごいね」

って言い合って解散しました。

 

イライラのもとだったけど、スッキリして解散OK

 

 

この3人が一緒でよかった!!

やっぱり私は周りの人にほんとうに恵まれていますねー

Source: 私なりの看護教員ライフ