入居者の通院に付きそうスタッフの能力

毎日毎日鬱陶しい日々。

こんな天気ばかりだと

どうしたって気持ちも下がりがちだ。

 

そんななかできょうは

老人ホームで働くスタッフとして、

感じていること。

 

ご家族を老人ホームに預けている方々。

ご家族の通院には付き添っておられるだろうか?

 

遠くに住んでいる、

自分自身が健康を害しているなどの事情がある方は

仕方ないであろうが、そうでなければ

できる限り通院にはご家族が付き添ってあげるべきと、

私は感じている。

なぜならば、通院の付き添いスタッフの能力が優れているとは

限らないからである。

 

先日ある入居者様がおしゃっていた。

「ホーム長に通院に付き添ってもらったけど、

全然頼りにならないのよ。要領を得ないし。」

 

また最近私はある入居者様の通院付き添いを

担当したが、ホームの看護師さんから言われた。

「今度もまたびびんばさん付き添ってね。

 ドクターにもしっかり聞いてきてくれるし助かるのよ。

 スタッフの中には、受診のときに聞いてほしいことを

 伝えても全然聞いてきてくれない人も

 結構いるのよ・・・」

 

だろうなぁ~

はっきりいって病院受診のさい

ドクターに的確な質問をするのは

それ相応の知識も必要だ。

けれども20代や30代の若いスタッフ、

病院の受診経験の少ない人達に、

ドクターと対話する能力があるようには思えない。

ホーム長でさえもそうだ。

 

多くの疾病を有した両親の面倒をみてきたわたくし。

高齢者がかかるような病気についての知識は

かなりなほう。

おまけに病気や薬について調べるのが大好き。

だから検査値の中身まで

平気でドクターに突っ込みをいれていく。

検査値の票をプリントアウトするのを忘れるドクターにも

しっかり要求。

 

けれども若いスタッフや、あまり通院に付き添ったことのないスタッフは

どのように医者と対話したらいいのか

わからない人も多いのだ。

その結果ただ受診しただけで終わってしまうなんてことも多い。

 

それでも受診さえすればそれでいいと思う人もいるだろうが、

医者だって意外と当てにならない。

薬の副作用や検査値の異常。

こちらから指摘しないと気づいてくれないことも多いのだ。

もう私はそういった経験を嫌という程経験している。

 

これから親を施設に入れようとする人には

言っておきたい。

介護施設のスタッフ、介護の専門家だから

任せておけば安心なんて

思わないほうがいいぞ。

 

 

 

 

Source: 一人っ子がする介護ってこんなもん?