真夏の入浴介助は地獄

やっと夏らしい空気になったと思ったら

今度は台風発生とかで、

憂鬱な日が続く。

 

きょうは金曜日。

午前中はスポーツジムにいき、

午後は介護のお仕事。

金曜日にパートを入れるのは

イレギュラーパターンだけど、

8月は父の命日もあって仕事をセーブするつもりなので

入れたシフト。

 

そして仕事は相変わらず

入浴介助。

今日の午後入浴に関わった方は

全部で5人。

なかにはほぼ自立で、浴室へのご案内で

済む方もいらしたけど、

ひとりずつ浴槽に湯を張って

入浴介助というパターンが多い。

バスタブとタイルの掃除を繰り返し、

汗だくだ。

真夏の入浴介助は本当にきつい。

 

だいたい老人ホーム入居の方は

圧倒的に女性が多い。

そして女性はみんな男性の入浴介助を

嫌う。そう「男禁」だ。

そのためにどうしたって女性スタッフの

入浴介助の仕事が増えるのだ。

 

数ヶ月前までは十分に人手があったために

パートの私は3回に1回くらいしか

入浴の仕事はなかったのに、

最近ではほぼ毎回。

 

入居者のかたと

ゆっくり向き合えるのは

入浴タイムだから楽しいっちゃ楽しいんだけど、

暑さでぼーっとしてしまい

そのなかでの入浴介助は

けっこう大変だ。

 

きょうは暑かったせいか、

帰宅すると

ちょっと頭痛がする。

明日もパート入れちゃったから

きょうは早く休むとしよう!

 

 

 

 

 

Source: 一人っ子がする介護ってこんなもん?