形がわからない?

ホームの見学に行った時、見せていただいた部屋の窓からはなーにゃんのマンションが見えた。

実際に入居した部屋は別の部屋になったので、あーちゃんの部屋からなーにゃんのマンションは見えないのだが、
最初にその話をしたせいか、あーちゃんは部屋から見える近くのマンションをなーにゃんのマンションだと思い込んでいる。
なーにゃんの住んでいるマンションは形も色も特徴があるマンションだ。
その辺のマンションと見間違うことはない。
なのに、あーちゃんは自分の部屋から見えるマンションだけではなく、散歩をしている時に目に入るマンションがあると
と言う。
…形の区別がついていないのだろうか?
と言うと、
と言い訳しつつ、
と、いじらしいことを言う。
勘違いでもあーちゃんが安心なら良いし、いじらしくて可愛いんだけどさ…。
だけどさ…!
どう見てもなーにゃんのマンションとは違う、あちこちのマンションをしょっちゅう、あれがなーにゃんのマンションかと言うんだよね。
柄が分からなくなったのと同じように、形の認識も怪しくなってきているのかなあ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Source: アルツフルデイズ