外に出られない理由

ホームの外へあーちゃんがひとりで出られないのは、平たく言えば認知症だから。

入居してもう丸3ヶ月が経ったのに、未だに最寄りのバス停の名前すら覚えられない。ひとりで外に出たら確実に迷子になってしまうだろう。
そのまま徘徊になってしまいそうだ。
そして、万が一電車の最寄り駅まで辿り着いたとしたらあーちゃんは自宅に帰ってしまいそうだ。
実際に、ホームに入ってから自宅近くの区役所へ行った時は自宅方面行きの電車のホームへスタスタと歩いて行ってしまったこともあるし。
たんたんから身を隠しているのに、それは一番困る。
そんなわけでなーにゃんとワフウフはホーム側へあーちゃんをひとりで外に出さないようにお願いしてある。
最初の頃はあーちゃんはそれがかなり不満だったようでしょっちゅう、
と文句を言っていたが、この頃はホームでの生活に馴染んでそれも無くなった。
しかし先日、
久しぶりにまた
と言ってきたので、
と、当たり障りなく答えた。
すると、
と、言うあーちゃん。

ワフウフは言葉を失って返事ができなかったよ。
絶対に誰にもそんな事言われていないよね!
一体誰が認知症の80近いおばあちゃんが迷子になったり徘徊することよりも、ナンパされてついていく事を心配するだろう?
これは周りからそう見られたい、そう思われたいという願望なのかしら⁉︎

綺麗でモテた自分のイメージから未だに抜け出せないあーちゃんなんだよね…。


でもまあ、
「認知症だから外には出られない」と言われるよりは、
「あーちゃんはモテモテだからひとりで外に出したら男の人に誘われて心配!」
と言われたと思っている方が本人的には幸せなんだろうか。
幸せなんだよね。
だったら、そう思っていればいいんだよね。
いいんだよ…ねえ…?
いいの…?
これって否定しても良いヤツ?

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Source: アルツフルデイズ