”悲しい”1年前の記事となんら変わっていない

 

相変わらずの猛暑。

ブログ管理ページでは1年前に書いた記事ですと

ご丁寧に表示されてくる。

今年もまた祥月命日のその日に法要を営むから

今週は何度か両親のマンションに足を運ばないとならない。

 

そして気持ちの面でも

1年前と全くかわっていない自分に気付かされる。

変わったことと言ったら

私が介護職についたということ。

もちろん1年前は

すでに介護職員初任者研修をうけて

今のホームにも面接を申し込んでいた。

 

父の介護は苦しかったけど

今になってみれば

あの頃の私、

いつも一生懸命だった。

 

もうあんな自分はいないんだな。

 

父がいないことも

あの頃の自分がいないことも

すべて悲しく寂しい・・・

 

 

Source: 一人っ子がする介護ってこんなもん?