ご入居までの流れ

入居計画

お客様の条件に100%希望通りの有料老人ホーム・介護施設を探すことは、非常に難しいと言えます。絶対に妥協できない条件と、妥協できるという条件を順位付けしておくことをお薦めします。自分一人で抱え込まずに、家族や周りの方と話し合いをしましょう。

ひらめき

どのような生活をご希望されているのか専門の相談員かお話しを伺います。

入居条件の整理
満足のいく施設探しをするためには、建物や設備などのハード面だけでなく、実際に入居されるご本人にとって、どのようなケアやサービスが必要なのかを中心に整理しましょう。

ご本人に必要なケア
入居される方にどのような介護が必要かをまずは考えましょう。

お身体の一部に麻痺がある、認知症ケアが必要、リハビリが必要、などお一人おひとり様々です。これらの対応実績や考え方は各施設によって異なります。いくら建物や設備がよくても、それだけで介護はできません。

ご本人に必要なケアは何か、どのような生活を送りたいか、よく整理してみましょう。

 入居される方に必要な医療サービスがあれば確認しましょう。

 たん吸引やインスリン注射など、日常的に医療ケアが必要な場合は、それに対応できる施設である必要があります。「胃ろう」、「たん吸引」、「透析」、「人工呼吸器」、「インスリン注射」などは医療行為と呼ばれ、原則として看護師・医師のみが対応可能です。

 他にも、継続的に受診している診療科目を受けやすいかや、入居後もかかりつけ医に通いたいなどの希望があれば整理しましょう。

 場所や設備希望の地域や沿線、部屋の広さ、どのような設備が必要かを考えてみましょう。

 ご本人の希望はもちろん、日々の通いやすさや緊急時等ご家族の利便性も考える必要があります。

 高齢者施設の居室は「個室」の他に、他のご入居者と同室となる「多床室」や、ご夫婦やご兄弟が同じ居室で暮らせる「夫婦部屋」などがあります。トイレや浴室、ミニキッチンの有無などもお部屋によって異なります。

資金計画

ご要望の確認

資金計画を立てて予算を設定
入居してからかかる生活費の把握・・賃料、管理費、食費、介護保険自己負担分、上乗せ介護費用など、定期的に施設に支払う月額料金の他に、医療費、介護用品代、お小遣いなどがあります。介護保険の負担割合は年々変化していますのでその事も考慮が必要です。

 暮らす期間と入居する年齢年齢などを考慮のうえ、何年程度生活するかを想定します。途中での入院や身体の変化を考慮し、支払可能な金額を確認しましょう。
 入院時も施設の賃料が発生する場合が多くあります。
 
入居する年齢によって入居時費用や月額費用が変わる場合があります。
保有資産の把握・・預貯金、不動産、有価証券、定期収入(年金)などを確認しましょう
不動産を所有している場合、売却、賃貸、リバースモーゲージなどで、入居時費用や生活費
に充てることができます。
 
保証人の確認
通常の賃貸物件への入居と同じく、施設への入居も保証人を必要とするケースが多いです。保証人は年齢や収入などに制限がある場合もあります。
※保証人がいない場合は、身元保証会社との契約が必要になります。

情報収集

相談

サービスの内容・入居金・月額費用などから比較・検討しながらポイントをおさえ自分に合ったホームを選びましょう。一つの物差しでは介護施設を決めることはできません。ランキング等を鵜呑みにせず、ご自身にあった施設を探しましょう。実際に見学されてご自身の目で見て検討されることが一番だと思います。 

自治体、行政だけで情報収集すると…
行政は公平に情報を提供する必要があるため、各施設の情報を均質に得られますが、その中から合う施設を選ぶのは難しくなります。

 

ホームの比較WEBサイトだけで情報収集すると…
気軽に探せ、資料も入手できますが、情報が氾濫しているため、判断が難しくなります。また特定の施設に誘導されるケースもあります。

折込などのチラシだけで情報収集すると…
その施設の説明のみで他の施設との比較ができず、判断が難しくなります。

口コミ(評判)だけで情報収集すると…
当事者の主観や、入居される方の身体状況などが個々で異なるため、口コミが正しい情報とは限りません。また、口コミにはご家族目線のものが多いですが、あくまで入居されるご本人が過ごしやすいかどうかが肝心です。

ホームに直接資料を請求すると…
 気になった介護施設に資料請求をすると、各施設から営業の電話が頻繁にくる場合があります。
また、資料請求はどなたでもできますが、お気に入りの施設があっても身体状況により受入ができない場合もあります。

見学のアポイントと見学

介護施設同行見学

見学の予約申込をする施設は既にご入居されている方にとってはご自宅です。見学は事前に連絡をしてから行きましょう。また、突然の訪問では、十分に介護施設の説明を受けられない場合や見学自体を断られることもあります。

複数の施設を見学
目安として、3か所程の介護施設を見学して比較しましょう。
1つのホームの見学だけで判断するのは危険です。

見学時のチェックポイント
施設や職員の清潔感や、雰囲気、食事の内容、入居者のご様子をチェックしましょう。入居までの期間に余裕がある場合は体験入居もおすすめです。

お申込み・面談・ご契約

ご契約

お客様のご納得される施設が決まれば申し込み・ご契約となります。

申込みの意思を伝える
事前に見学し、サービス内容などをよく確認した上で施設に入居の意思を伝えます。

※申込金が必要な施設もあります(入居キャンセル時には返金されます)

入居申込み書類の提出
入居に必要な書類一式を施設から受け取り、内容を確認します。
申込書に申込者、ご本人の氏名、生年月日など必要項目を記入し、申込みます。
健康診断書、診療情報提供書などは医療機関に作成を依頼します。
作成には日数がかかりますので、早めに医療機関に依頼しましょう。
※診断書等は、発行元に対し別途費用が掛かります。

 重要事項説明書の確認
申込書類一式は事前に内容を理解しておきましょう。
特に重要事項説明書には、職員の人員配置、退去となる要件、連携する医療機関など、重要な記載があります。

どのような介護サービスが受けられるのか、有料サービスか、無料サービスなのか、クーリングオフの期間、入居金の初期償却、途中解約の場合の返還金の有無および返還期日なども確認しましょう。 

 

施設担当者との面談
ご入居予定者が入院中などの場合は、医療機関またはご自宅などに介護施設の担当者(施設長、ケアマネージャー、看護師など)が伺い、ご本人のお身体の状態などを把握し、施設でどのようなケアが必要か確認します。

※入居にあたって、入居審査があります。

入居するご本人のお身体状況や既往歴によっては、入居が必ずできるとは限りません。また、施設側の都合(主に、職員配置人数や勤務シフトの関係)で入居が断られることがあります。

ご契約
ご本人、身元保証人と施設とで直接契約を行います。
契約書の読合せなどで、少しでも疑問に感じたところは確認し入居後にトラブルとならないようにしておきましょう。
入居金がある場合は、支払方法や支払期限、償却期間中に契約解除をした場合の返金額や返還時期を事前に確認しましょう。
また、月額費用はいつから発生するのか、支払発生日などの細かいところも確認しておきましょう。 

お引越し

契約から介護施設へのご入居までは、日数に余裕がないことが多い為、引越準備の計画をしっかりする必要があります。
特に、家具や思い出の品などの整理には予想以上に時間がかかるものですので、なるべく早く着手するようにしましょう。

よくあるご質問

疑問

Q:すべて無料と書いてあるけど本当ですか?

答え

当センターは、相談者の皆様から費用をいただくことは一切ございません。納得のいく介護施設・老人ホームが見つかるまで何度でもご対応させて頂きます。高齢者施設紹介センターでは当紹介センターからのご紹介でご入居が決まった際に、介護施設側より紹介手数料をいただいて運営しております。

どうぞお気軽にご相談ください。

疑問

Q:定期的に医療的な処置が必要なのですが、入れる老人ホームはありますか?

答え

介護施設によって、対応できる医療処置が異なりますのでご注意ください。まずは当センターにご相談ください。

重度の方や、特別な医療処置の必要な方にも対応できる介護施設・老人ホームをご紹介させていただきます。

疑問

Q:介護施設を見学したいのですが、どうすればいいの?

答え

直接介護施設に連絡すれば、見学することができます。また、見学する際には比較のために複数の介護施設・老人ホームを見に行かれることをオススメします。

当センターでは、介護施設・老人ホームの紹介だけでなく、ご一緒に見学に行くことも可能です。

疑問

Q:特定の老人ホームや介護施設だけを紹介されたりしませんか?

答え

当紹介センターは、公平性の点から特定の介護施設・老人ホームのご紹介はいたしておりません。常にお客さまのご要望を踏まえ、公平、中立な立場でホーム選びをしております。

名前

高齢者施設紹介センター
株式会社FREE(フリー)

〒274-0807
千葉県船橋市咲が丘1-25-6
イストワール201

TEL:047-401-5236
FAX:047-401-5226

名前